結婚式にはコレ!ブライダルフラワー☆

こんにちは☆サンクスマイルウェディングの奥です。

結婚式の空間を華やかに彩る最高のアイテムは「お花」ではないでしょうか。花は見てるだけで美しくて癒されるし、結婚式という晴れ舞台を華やかに演出してくれます。

結婚式・披露宴において、受付や高砂席などの空間を彩る装花、花嫁さんが持つブーケ、花婿さんが身につけるブートニア、花嫁の頭を彩る髪飾り、などなどあらゆる部分でお花が用いられています。

今日はそんな、結婚式にはもってこいのブライダルフラワーを『花言葉』という切り口でご紹介!


 

世界中の人に愛される、愛の象徴 『バラ』

バラといえば愛。昔から愛を表現するお花として世界中の人たちに愛されているお花です。バラというと、まず「赤色」を想像しますが、現在では品種改良が行なわれ、様々な色のバラが登場しています。実はバラの色によっても花言葉が異なるんです。例えば、代表的な赤いバラは「愛情」「あなたを愛しています」という意味。結婚式で花嫁のブーケで使われることが多い、白いバラは「清純」「純潔」「無邪気」という意味を持ち、まさに花嫁のイメージにピッタリ。他にもピンクのバラは「しとやか」「上品」という花言葉があります。結婚式の場で使うのであれば、赤や白いバラがイメージに合いますね。

バラ

 

ゴージャスかつ上品な雰囲気のカサブランカ

誰でも一度は目にしたことがあるであろう、カサブランカ。清純さを思わせる純白の花はまさに神聖な結婚式に向いているお花です。カサブランカの花言葉は、「雄大な愛」「高貴」「威厳」。カサブランカはその堂々とした気品さからか、「ユリの女王」と言われています。また、甘い香りもするので、とても優雅な気持ちにさせてくれるお花です。見た目のゴージャス感と上品な雰囲気から、花嫁のブーケや髪飾りによく用いられ、結婚式の花として不動の人気を誇っています。

カサブランカ

 

可愛らしさ満点のラナンキュラス

花びらが幾重にも重なったラナンキュラス。その丸っとした形が何とも可愛らしく女性の可憐さを表現しているようです。花言葉は、「魅力的」「美しい人格」「晴れやかな魅力」「あなたは魅力に満ちている」などです。直接的に結婚を連想させる花言葉ではないですが、花の色の豊富さと、フラワーアレンジしたときの可愛らしさで結婚式を華やかに彩るお花として人気です。色は赤、白、黄、ピンクなどがあり、花嫁の美しさを際立たせてくれるお花です。

ラナンキュラス

 

 

永遠の愛の象徴、「チューリップ」

チューリップといえば、小さい頃から馴染みのある花ではないでしょうか。そんなチューリップの花は、「永遠の愛」。実は結婚式にピッタリのお花なんです。チューリップの中でもいろんな色がありますが、やはり結婚式には清純なイメージの白いチューリップがオススメです。ブーケのように何輪か束にすると、華やかにそして清らかなイメージの花束になります。

チューリップ