結婚式で使えるサプライズ演出をご紹介します♪

こんにちは☆

サンクスマイルウェディングの奥です。

今回は結婚式で使えるサプライズ演出についてご紹介します☆実際ゲストとして参加したときに良かったと感じた演出やたまたま見かけた素敵な演出などをコメントを加えながらご紹介します☆


 

【ファーストバイトで両親参加】

ファーストバイトは、もはや披露宴の鉄板の演出ですね。「新郎新婦のケーキ入刀」のあとに行なう演出で、新婦は「一生美味しいご飯を作ります」という意味でケーキを新郎の口元に運び、逆に新郎は「一生食べるものに困らせません」という意味でケーキを新婦の口元に運び、お互いが食べさせ合うというもの。このときに、新婦は大きめにケーキをとり、溢れんばかりのケーキを新郎に食べさせようとして、ゲストたちの笑いが起きるというのが一般的です。

ここに新たなサプライズを組み込んだ演出があるのはご存知ですか?

それはファーストバイトに新郎新婦の両親も参加してもらうというサプライズ☆

ファーストバイト

新郎新婦がファーストバイトを行なう前に、「長年寄り添ってきた夫婦の大先輩である両親にお手本を見せてもらいましょう」ということで、それぞれのご両親にファーストバイトを行なってもらうというもの。実際に、私自身がご招待いただいた披露宴でこのサプライズ演出を行なってたのですがすごく盛り上がりました☆

照れくさそうにしながら、お互い食べさせ合うご両親の姿はすごく微笑ましくて、ゲスト側からは「新郎新婦がご両親のことを尊敬されているんだな」という想いが伝わる良いサプライズでした。やはり新郎新婦のご両親というのは、息子・娘に対して結婚する嬉しさや離れていく寂しさなど複雑な想いでいると思います。だからこそ、今までいっぱい愛情を注いでくれたご両親に向けてのサプライズは何か用意したいものですよね。

余談ですが、ご両親参加型のファーストバイトサプライズにおいて、「ラストバイト」という演出もありました。これは新郎の母親が新郎に、新婦の母親が新婦にケーキを食べさせてあげるというもので、親から最後の食事をいただくという意味合いでされるそうです。

 

【ゲスト卓に思い出の写真】

披露宴の受付が終わり、披露宴が始まるまでの間って意外と時間があったりしますよね。その間に楽しめるサプライズ演出です。

ゲストそれぞれが自分の席に着いたときに、新郎新婦との思い出の写真がゲスト卓の真ん中に飾ってあるというサプライズ。ゲスト卓は大体、新郎会社同期とか新婦大学友人とか、新郎新婦それぞれのグループごとで割り振りするので、大学のときの思い出の写真なんかを飾っているとそれだけで、「あ、これあのときの写真だねー!」とか「みんなで旅行したときの写真だ!懐かしいね~」など昔話に花が咲き盛り上がります。

ゲストテーブル

 

 

【ゲストそれぞれの誕生日にちなんだカード】

これはかなりのゲスト満足が期待できる演出です。招待状を送る段階でゲストそれぞれに自分の誕生日を書いてもらう必要がありますが、掛かる手間以上の大反響があります。

1月1日から12月31日まである誕生日それぞれに実は「誕生花」というものが存在しています。その誕生花の花言葉を書いたカードをゲストそれぞれの席に置くというサプライズ。誰であっても自分の誕生日は特別なものとして存在します。その誕生日に目を向けるというこの演出は、新郎新婦からゲストへの真心こもったサプライズプレゼント間違いなしの演出です。

誕生日花言葉カード

最後まで読んでいただきありがとうございます。

追伸:
この度(株)サンクスマイルはLINE@を始めました。
(LINE@とは、企業などが持てるLINEアカウントの事です。)
このLINE@では、
・結婚、出産、還暦祝いなどの人生の様々なライフイベントの知っておきたい知識や抑えておきたいポイント
・無料のコンテンツやクーポンの配信
・LINE@メンバー限定のお得な情報
・「想いをカタチに」「モノではなくキモチ」をコンセプトとした情報
などを定期的に配信していきます。
ご興味のある方は、是非お友達になってください。
スマートフォンでこのページをご覧の方は「友だち追加」ボタンをクリックして登録お願いします☆
友だち追加数